お金に疎い喪女でも、超最低限の借り入れどこよりも簡単を把握する方法

就活の面接の自己PRで「臨機応変、柔軟性」を主張するうえで海外の空港で飛行機に…

就活の面接の自己PRで「臨機応変、柔軟性」を主張するうえで海外の空港で飛行機に乗り遅れた際の対応を例としてあげるのはどうでしょうか。微妙ですかね。補足考えたものはこちらです。物事を客観視し、状況に応じて臨機応変に対応できるのが私の強みです。私は以前韓国へ一人旅をした際、電車の中にパスポートを落としてしまい飛行機に乗り遅れてしまいました。その際、私は慌てることなく、今から何をしなければならないかを考えました。まず、パスポートを電車に落としたことを駅員に伝え、パスポートをなくした場合どのように対処すればよいのかを知るため、空港職員に日本大使館に電話してほしいとお願いしました。幸いパスポートは見かったが、飛行機には間に合わないので、パスポートが手元に戻ってくるまでの間にやるべきことを頭で整理しました。まずは今ある航空券のキャンセル、そして荷物は事前チェックインで預けていたので荷物の引き取り、そして新しい航空券の購入。やるべきことを整理し効率よくこなしたことで無事その日のうちに日本に帰ることができました。このように私は自分の能力を活かして、突然のトラブルや急な案件などに臨機応変に対応できるように務めたいと思います。既出のご回答への返信に失敗談を採り上げること自体の心配を書かれていますが、自慢話的な強みで構成しなければ、と思うから不安が募るんです(苦笑)自己PRとはいえ審査するのは求人側である以上、「どうですか」みたいな表現は全面的に抑えきり、事実関係の客観的な説明に終始して結果を求人側の見解に委ねれば、こういう失敗談もネタに使えることになるわけです。多くの学生が集う中での相対評価とはいえ、これでもか式に書いた自慢話的な自己PRをうのみに判定するほどに採用担当者は子どもではないから、採りあげるネタ自体に説得性を持たせインパクトにつなげるには、自らは脚色や強調を控えるべきなのです、自分でしか語れないエピソードだからこそ。そのぶん、瞬間には慌てかけた場面説明での臨場感が真実味を増して、過剰な強調表現なくしても、「とっさの機転は利くようだ」と印象付けられることになります。同じネタを披露するにしても、表現力ひとつで聞き手の印象がガラリ違ってきます。相手が自慢話にしか感じとれない自己PRは、最終的にはビジネス現場での対応力欠如と解されもしますから、ネタそのものの良し悪しでなく表現力上の問題と捉えてくださいますよう…

クレジットカードの署名について。

クレジットカードの署名について。現在販売員をしている者ですが、会計の際にカードに署名のないお客様が多く困ってます。また旦那様もしくは奥様のカードで買い物に来る奥様や旦那様がいるのですが、その際の対処についてです。当店ではもちろん本人のみのカード使用、直筆サインのあるカードのみ可など、徹底はしております。それでも署名のない物やご家族、ひどい時は明らかに恋人のカードで、当たり前の様にレジに出されます。そこで相談なのですが。当店は敷地が広く、レジにきたお客様に、ご本人様がご一緒か尋ねると、あっち(店内のレジから離れたハジの方)にいるから。又、駐車場にいる、などと言われる事があります。しかしクレジットカードを使うのだから、それでもご本人様に来て頂くべきですよね。また当社のカードは規定内の金額ならサインレスです。サイン不要なのに来て頂くのもって思うのですが、やはり本人のみがカードの条件ですから来て頂く必要はあらますよね。また、他店でもご主人のカードを使用しているのでしょう。カードのうらのサインが、あきらかに女性の筆跡で、男性の名前、この場合は、使用出来るのでしょうか。奥様の筆跡なら大丈夫?でもカードの所持者はご主人様ですよね。再発行して旦那様のサインがなければいけないのでしょうか。また、カードへの署名を断られた際は徹底して使用を拒否すべきでしょうか。わかりにくくて申し訳ありませんが宜しくお願い致します。あなたが単なる販売員なら上の人にご相談を。客があなたを名指しでクレームしたら立場が弱いのです。経営者なら、正当なカード所有者によるチャージバック請求も覚悟する必要があります。ちょっと厳しいJCBカードの加盟店規約だとこうなってます。http://www.jcb.co.jp/kiyaku/pdf/kameiten0705_02.pdf第10条( 信用販売の方法)1. 加盟店は、会員からカード提示による信用販売を求められた場合、カードの真偽、有効期限およびカード無効通知を照合し、カードが有効であることを確認し、両社所定の売上票にカード記載の会員番号、会員氏名、有効期限をインプリンターにより印字し、加盟店番号、加盟店名、売場名、担当者名、会員の指定する支払区分、売上日付、金額、品名、型式、数量等を記入するものとします。ただし、エンボスレスカードの場合および当社が特別に認めた場合のインプリンターの使用についてはこの限りではないものとします。また、加盟店は、その場で会員による暗証番号の入力、または会員の署名を求め、正しい暗証番号が入力されたこと、またはカード記載の署名と売上票の署名、およびカード券面の会員番号、カード名義人名と売上票の会員番号、会員氏名が同一であり、かつ、カード提示者がカード記載の本人であることを、善良なる管理者の注意義務をもって確認のうえ信用販売を行い、売上票の控え(会員用控え)または売上票に記載した内容を表す書面を会員に交付するものとします。なお、加盟店は、会員に対し売上票に両社所定の項目以外の記載を求めてはならないものとします。2. 加盟店は、以下に定める場合の販売方法が、前項の善良なる管理者の注意義務に違反する信用販売であること、善良なる管理者の注意義務に違反する信用販売はこれらの場合には限定されないことを確認します。?カードを提示し信用販売を求めた者とカードの名義人の氏名、性別が異なる場合?信用販売を求めた者が、名義人が異なる複数のカードを提示した場合3. 本条第1 項の規定にかかわらず、両社が別途信用販売の方法を指定し、書面で通知した場合には、加盟店は指定された方法により信用販売を行うものとします。4. 加盟店は、割賦販売法第30 条の2 の3 第4 項およびその施行規則に定める事項等を記載した書面を会員へ交付するものとします。5. 売上票に記載できる金額は、当該売上代金(税金、送料を含む)のみとし、現金の立て替え、および過去の売掛金の精算等を含めることはできないものとします。また、通常1 枚の売上票で処理されるべきものを日付の変更、金額の分割等により売上票を複数にす
ること、および売上票の金額訂正はできないものとします。6. 加盟店は、両社が事前に承諾した場合を除き、両社所定の売上集計表および売上票を使用するものとします。また、売上票の控え(加盟店用控え)は加盟店の責任において保管し、他に譲渡できないものとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です